知らなければ損をする!?相続税の基本とテクニック

相続税対策は早め早めに行おう

納税は国民の義務ではあるものの、いざ自分が払わなければならないとなると可能な限り節税をしたいと考えるものです。特に相続税の場合、親族から遺産を相続するだけで税金がかかるので抵抗がある方も少なく無いのではないでしょうか。実際に親族に相続をする側としても自身の財産を相続するだけで財産が目減りしてしまう為、抵抗がある方も少なく無い事でしょう。この相続税と言うシステムは事前の準備や知識を持っているかいないかで大きく変わってきます。相続税を払うだけの財産を持っている方は対策をしっかりとしましょう。

相続税を抑える為のテクニックを知ろう

相続税の基本として押さえておきたいのが、相続する財産が多ければ多い程、税率が高くなっていく点です。最も高い税率設定では50パーセントを超える税率が設定されています。財産額が多ければ多い程、税率が上がるのであれば、財産額そのものを減らしておくのも1つの相続を行う際のテクニックとなっています。なお、様々なやり方がある為、確実に行う為にも税理士などの専門家に相談をするのが確実です。また、相続を行う中で合わせて押さえておきたいのが、基礎控除です。相続税には基礎控除が定められており、法定相続人の数が増えれば増えるほど控除額が増えていきます。つまり、少しでも多くの財産を相続したいと考える場合にはより多くの方に相続をするのが良いと言えるのです。差し迫った状況で対策を行うのは難しいので計画的に早め早めに対策は進めていきましょう。

相続税の申告は、相続人の死亡から6カ月以内と決まっています。これを超えてしまうと追徴課税が課されますので注意が必要です。