万が一に備えた準備を万全に!自動車保険の特徴と選び方

加入方法による特徴の違い

自動車保険は大きく分けて対面型と通販型の2種類の加入方法があります。一見するとどちらも同じように感じられますが、細かい部分で特徴が異なるので理解した上で選ばなくてはいけません。対面型は文字通り保険のスタッフと実際に会って話をしながら進めていく加入方法になります。わからないことなどその場で疑問を解消できるのはもちろん、プロのアドバイスを受けながら最適な商品を見つけていけるのが特徴です。その反面、費用に人件費がプラスされることで若干保険料が高くなってしまうことがあります。それに対して通販型は人件費のコストが発生しない分、対面型に比べて費用を抑えられるのがメリットです。インターネットを通して手続きをするので営業時間などを気にせずに、自分の好きなタイミングで申し込みができるのも魅力の一つに挙げられます。ただし、補償内容によっては通販での申し込みが出来ないケースもあるので注意が必要です。

保険料の割引条件を確認する

自動車に限らず保険に加入する場合、毎月決められた金額を支払わなくてはいけません。商品によって金額は変わりますが、利用者の中には収入の問題でこの毎月の負担に頭を悩ませる人もいます。こうした問題を解決してくれるのが条件による割引の適用です。自動車保険は加入する人の年齢や所有している免許の色など決められた条件を満たしている場合に保険料を割り引いてくれるサービスが用意されています。条件や割引される金額は会社によって違うので、条件を満たしやすい保険会社を選ぶことが負担を軽減するコツです。

自動車保険には、加入が義務付けられている「強制保険」と任意で加入する「任意保険」があります。強制保険では物損事故や自分自身に対する補償がないため、万が一に備えて任意保険を利用するのが一般的です。