個別指導塾はどの受験指導にも向いている?

受験指導で個別指導塾を選ぶメリット

受験指導を受けるために塾に通う生徒は多いですが、集団指導塾と個別指導塾のどちらを選ぶかで悩んでしまうことがよくあります。個別指導塾を選ぶメリットをまずは確認しておきましょう。個別指導塾では講師が生徒と一対一の関係になるので、授業中はその生徒だけに集中してくれるのがメリットです。受験指導では長所を伸ばす、弱点を補うという二つのアプローチが必要になるため、生徒の学力に応じた対応をすることが重要になります。個別指導塾では講師が必ず生徒を一人ずつ丁寧に見てくれるので、成績を伸ばすのに何が必要なのかを正しく分析して授業を進めて行ってくれるのがメリットです。志望校に合わせた指導も受けられることから合格率も高い傾向があります。

小中高で違いはあるのか

受験指導を受けるタイミングとして小学生の中学受験、中学生の高校受験、高校生の大学受験が代表例です。どのシーンであっても個別指導塾を選ぶメリットは同じように大きいのかが気になる人もいるでしょう。以前、高校受験で良い授業を受けられたけれど、大学受験でも同じように使って大丈夫なのかという不安を持つことはしばしばあります。小中高での違いは全くないわけではありませんが、基本的に集団指導塾と比べたメリットに違いはありません。強いて言えば受験で求められる知識量が学年的に上になるほど増えていく傾向があり、個別指導塾の授業でカバーできる範囲が足りなくなりがちです。その影響で授業数を増やさないと完璧な対応をしてもらうのが難しくなる可能性があります。

個別指導には自分のペースで学べる、わからないところや弱点を理解できるまで教えてもらえるなどのメリットがあります。