心理学ってどんな学問?どのようなことが学べるの?

心理学って何が学べるの?

心理学とは、人の心や行動を科学的に研究する学問のことです。心のすべてをカバーする学問なので、目に見えない心の動きだけではなく、心の状態が及ぼしているものとして、人の行動や、意識していないレベルの無意識な状態の事も心理学の分野に入ります。心理学と言っても、大きくいくつかに分類されており、人として基本的な心理についてのことから、精神や心身に不調を来たしてしまった人を救うための臨床心理学まで様々な心理学が存在し、学ぶ内容も異なります。それぞれによって方向性がかなり違ってくるので、心理学を学びたいと思ったら、何を学びたいのか、何がしたいのか、ある程度明確にしておいた方がよいでしょう。

心理学ってどこで学べるの?

基本的に大学で学ぶことができます。心理学単体の学部、学科もありますが、教育学部や子ども学部、福祉学部など、他の学部の中に心理学のカリキュラムが組み込まれていることも多いので、自分にとって都合のいい大学を探すとよいでしょう。また、日本心理学会が定める条件を満たして、学会に申請すると、心理学に関する基礎知識と技能を修得した者として、日本心理学会認定心理士として認定してもらえます。職能の資格ではないので、これがあるからこの職業に就ける、というわけではありませんが、心理学の知識があることを証明してくれるので、そのことをアピールしたいときには大いに役に立ちます。人とのコミュニケーションの取り方や、心の在り方など、生きていく上で心理学はかかせない分野です。一度、きちんと学んでおいても損はないのではないでしょうか。

心理学の大学では人間の認知や行動を通して、心のメカニズムを学ぶことができます。マウスなどでの実験やデータ解析なども行うので理系的な知識も必要になります。