今さら聞けない!?法人口座の選び方とそのメリットについて

法人口座とは?一般口座との違い

プライベートなどで使用する一般口座とは異なり、株式会社など企業が使用する口座が法人口座です。株式会社を設立した場合には法人口座を開設することが多いです。法人口座には一般口座に無い利便性やメリットがあります。具体的には、会社名で口座を作ることができるため、振込先に設定した場合に取引先からの信頼感がアップすることが挙げられます。その他にも銀行によって振込手数料が安くなるなどのメリットがあります。

法人口座の開設方法と必要書類

法人口座の開設には、審査を受ける必要があります。審査を受けるために必要な書類をあらかじめ準備しておかなければなりません。・銀行の法人口座の開設申込書・履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)・本人確認資料・事業実態の確認できる資料・実印・印鑑証明書・会社印・会社の定款などが必要です。

法人口座の審査について

法人口座の審査は厳しいこともあります。理由としては、法人口座自体が社会的信頼を得られやすいので、悪用されないかどうかを銀行がチェックする必要があるためです。法人口座を開設する際には自身の会社の所在地や事業内容、経営状況などを明らかにしていく必要があります。

法人口座の選び方について

法人口座は都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行、ネットバンク、信用金庫、信用組合などで作ることができます。ネットバンクに比べて都市銀行は審査が厳しいことがあります。都市銀行や地方銀行は知名度が高いため取引先の信頼を得られやすいメリットがあります。手数料も各銀行で異なるため、申し込み前に確認しておきましょう。

法人口座は、顧客や取引先との現金のやり取りをスムーズに行ったり、企業のイメージの向上を図ったりする際に役立ちます。