社会保険労務士の業務を知ろう!!社会保険料を減らして!労務トラブルを解決!

社会保険料の削減の提案

企業が従業員を雇用するときには労働保険料や社会保険料を負担しなければいけません。労災保険料は企業が全額負担しなければならず、雇用保険料や健康保険料などは従業員と折半して負担しなければいけません。企業にとってはこれらの社会保険料が重荷になっているときがあり減らせれば経営もしやすくなるでしょう。社会保険料の削減をしたいのであれば社会保険の専門家である社会保険労務士に相談してみましょう。労災保険はそれぞれの会社の労災発生度合いによって保険料が変化するため、労災の件数を減らせば保険料を減らせます。その他の社会保険料は給料分と賞与分を分けて考えると同じ給料を払うにしても社会保険料が減らせるときがあります。最も安くなる案を社会保険労務士に教えてもらいましょう。

労務トラブル発生時の対応

会社と従業員との関係は良好であるのが良く経営者はそのための努力をしているでしょう。しかし経営者の努力のすべてが従業員に伝わるわけではなく従業員の希望のすべてを経営者が受け入れてくれるわけではありません。互いの意見が異なれば労務トラブルが発生する可能性が出てきて時には損害賠償や裁判に発展するときもあります。労務トラブルが発生したとき、また将来発生したときに備えて社会保険労務士に相談するようにしましょう。社会保険労務士は労使問題に強くトラブルが発生したときの問題解決方法をたくさん知っています。問題が起きてからではなく起きる前の対策なども教えてくれるでしょう。特定社会保険労務士であれば裁判の時に代理業務を行ってもらえます。

渋谷の社労士は、大企業から中小零細企業まで都心部にある法人の就業規則の作成や労務管理などのアドバイスを行っています。